2014年12月アーカイブ

車買取の業者は、公式サイトにて自社のアピールをしています。そのアピールの文言でたまに見かけるものの1つは、年間の買取台数です。そして、その台数は業者を見極めるポイントの1つにもなります。

年間の買取台数が何を意味するかというと、回転の早さです。多くの車を買い取っているとなると、もちろん買取業者としては多数の車を速やかに売却しなければなりません。多数の車を保管していれば、それだけ多くのコストがかかってしまうでしょう。

そもそも車には、維持費というものがありますね。税金や保管費用など、様々な費用が存在するのですが。業者が車を保管する際にも、その維持費用が発生します。

このため業者としては、経営が赤字にならないように維持費用を抑えるよう工夫します。すなわち薄利多売の経営が可能になるように、工夫をしている訳ですね。

つまり公式サイトにて買取実績が豊富と強調している業者の場合は、薄利多売を実現している可能性が大なのです。ではそのような業者に対して車を売るメリットは何なのかと言うと、売却額です。

車の保管費用などの維持コストを抑えることができれば、もちろんある程度資金の余力が発生します。その余力分を、車の買取金額に充当できるケースが多々あるのです。薄利多売の業者としては、なるべく多くの車を買いたいと思っている一面があります。つまり多少高い金額を出してでも、車の台数を確保しておきたいと考えている事がある訳ですね。

このため車買取の業者を選ぶ際には、公式サイトを見て年間の買取実績が豊富かどうかを見てみると良いでしょう。もしも買取実績が豊富な業者であれば、最終的には高く買い取ってもらえる可能性も高まるからです。

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。